caj-web

KLOTZケーブルとKMMKプラグをハンダで接続

音質、信頼性に秀でたミニマルパッチケーブル

About KLOTZ

KLOTZ社はオーディオ、デジタル、光ファイバー等の全ジャンルのケーブルに於いて、圧倒的なシェアを誇るヨーロッパ屈指のケーブルメーカーです。 多くのパッチケーブルにはギターケーブルが流用されていますが、ハイ・インピーダンス伝送を行うギターケーブルに施されたマイクロフォニックノイズ (ケーブルが床などに接触して発生するノイズ)防止用の半導電性ポリエチレンの被膜は、時に音質劣化を引き起こす原因となります。 CAJ KLOTZ-KMMKは、被膜を使用しないKLOTZ社製オーディオケーブルを使用することで、音質向上、スムーズなケーブルの引き回しによるトラブルリスクの軽減、省スペース化を実現しました。

About KMMK

KMMK社はソルダーレスタイプ並みのコンパクト性を誇る、ソルダータイプのフォーンプラグ、XLRコネクターを生産するフランスの会社です。 ソルダーレスタイプはパッチケーブル製作の簡便性や、省スペース化のメリットから選択されるプラグですが、プロの現場では、プラグとケーブルを接触させるネジの緩みや接点が、直接空気に触れることで接触不良や音質劣化の起因となる酸化を発生させるリスク回避の観点からも、ソルダータイプが選ばれています。

About CAJ KLOTZ-KMMK

音質と信頼性に秀でた、ハンダにより接続されるKLOTZ ケーブルとロープロフィールのKMMKプラグ。 簡便性よりもリスクヘッジを優先し、ライブを無事に完遂させることを主眼と するプロのギターテクニシャン。そのギターテクニシャンを サポートするCAJの理念から製作されます。

Gallery

CAJ KLOTZ-KMMK Lineup

I – I

 

■   15cm    ¥3,630

■   30cm    ¥3,630

■   45cm    ¥3,740

■   60cm    ¥3,740

■  100cm    ¥3,850

■  150cm    ¥3,960

■  200cm    ¥3,960

 

I – L

■   15cm    ¥3,630

■   20cm    ¥3,630

■   25cm    ¥3,630

■   30cm    ¥3,630

■   35cm    ¥3,740

■   40cm    ¥3,740

■   45cm    ¥3,740

■   50cm    ¥3,740

■   55cm    ¥3,740
■  60cm    ¥3,740

■  100cm    ¥3,850

■  150cm    ¥3,960

■  200cm    ¥3,960

 

L – L 

 

■   10cm    ¥3,520

■   15cm    ¥3,630

■   20cm    ¥3,630

■   25cm    ¥3,630

■   30cm    ¥3,630

■   35cm    ¥3,740

■   40cm    ¥3,740

■   45cm    ¥3,740

■   50cm    ¥3,740

■   55cm    ¥3,740
■  60cm    ¥3,740

■  100cm    ¥3,850

■  150cm    ¥3,960

■  200cm    ¥3,960

 

※ 表示価格は税込です。 

KLOTZ-KMMK voice from musicians

(敬称略)

竹内アンナ(シンガー・ソングライター)

「今までセパレートしていたアコギとエレキのボードを新しく1枚にセットアップして頂きました。
CAJ KLOTZ-KMMKはサウンドもスペースもロスがなく、世界でひとつだけのとても美しいエフェクターボードが完成してとても嬉しいです!」

有賀 教平

新たに組んだボードにCAJ KLOTZ-KMMKケーブルを。

「ソルダータイプならではの安心感、取り回しの良さ、サウンド、全て満足しています。
長さもボードにあったものを選びやすいところもオススメです!!」

ASAKA (TRiDENT)

4ケーブルメソット接続されている事もあり多くのケーブルとなっているボード内をCAJ KLOTZ-KMMKケーブルへ。
サウンドもエフェクターの場所を変えた時の取り回しもとても扱い易く凄く気に入っています!!
見た目も凄くスッキリして言う事ありません!!

Before

After

SERINA (TRiDENT)

今までブランドが統一されていなかったパッチケーブルをCAJ KLOTZ-KMMKケーブルへ。
今まで使っていたパッチケーブルはブランドを統一していなくてごちゃごちゃでした。
CAJ KLOTZ-KMMKケーブルにして見た目も凄く綺麗でスッキリしました!
お気に入りポイントはL字プラグで、小さくて平べったくてエフェクターの配置や、ケーブルの抜き差しがしやすいところです!!

Before

After

Park(ベーシスト / 作編曲家 / 音楽プロデューサー)

コンパクトサイズのサブボードをCAJ KLOTZ-KMMKケーブルへ。
「今まではコンパクトなプラグでケーブルの長さもボードに合わせながら制作できるソルダーレスタイプを使用する事が多かったのですが、本番中にトラブルになる事が何度かありました。小さいボードにエフェクターの数が増えてくるとどうしても嵩張って取り回しが悪くなる事もあったのでソルダータイプでプラグもコンパクトなCAJ KLOTZ KMMKケーブルへの入れ替えに踏み切りました。トラブルもなくサウンド面でも満足しています。」

次はメインボードもCAJ KLOTZ KMMKケーブルへ入れ替えいただきます

Before

After

増崎 孝司 (DIMENSION)

CAJ KLOTZケーブルからの変更ですのでプラグの違いのみになりますが、音質的にはKMMKの方が好みであるというご意見をいただきました。

Before

After

After

After

After

TAKU (韻シスト)

韻シストのTAKU氏から、メインボードのブースター(MXR BOOST/LINE DRIVE)を踏みやすい位置に移動したいというリクエストがありました。ブースターはループには入れず、プリセットに関わらず臨機応変にON/OFFしています。

ECHOSEX2と、BOOSTER、TUNERの位置を入れ替えようと思いましたがスペース的にはかなり困難だったため、発売前のKLOTZ-KMMKで対応したところ、エフェクターとエフェクターの間がかなりスッキリしました。 ケーブルの抜き差しも容易に行えるのでメンテナンスやいざという時のトラブルシュートもスムーズに行なえます。

Before

After

Before

After

After

いまみち ともたか氏がFaceBookに投稿してくださいました。
クリックするとFaceBookにジャンプします。

Before

Before

After

After